ジュースクレンズ 準備食

MENU

準備食をジュースクレンズ前に用意しよう

ジュースクレンズダイエットは今若い女性の間で流行していますが、このダイエットをする前には準備食を食べなければいけません。
大体ジュースクレンズダイエットをする二日か三日前くらいから準備食を食べる必要がありますが具体的にはどのようなものを食べるのがいいのでしょうか。

 

まずはなぜ準備食を食べないといけないか見ていきましょう。

理想の準備食の流れ

例えばジュース9レンズを三日間行うのであれば、準備期間は三日間用意します。その三日間の準備食の流れを1日ごとに紹介していきたいと思います。
まず準備期間の1日目は、限りなく味が薄く、油っこくない固形物のヘルシーな食べ物を食べます。
準備期間の2日目は、お粥のような柔らかい食べ物を食べます。卵スープなどもお勧めです。
そして断食を行う1日前は、限りなく内臓に負担の少ない消化のしやすいスープやスムージーなど主に液体状のものが良いと言われています。お味噌汁なども良いですね。

 

準備食はなぜ必要?

ジュースクレンズやファスティングを行う前のウオーミングアップでもある準備食。
ジュースクレンズは多くに方が注目して、1dayクレンズも含めると多くの方がすでに経験されているほど、話題を呼んでいます。

 

しかし、ジュースクレンズには準備食がとても大事になり、ジュースクレンズに失敗したり、体が変化を感じ始めたのに元に戻ったりとする方は、
その多くが準備食や回復食にまで気を使っていないというアンケート結果もあるようです。

 

それほど大事なポイントと言われている準備食はジュースクレンズになぜ必要なのでしょうか。

 

普段の食生活の中で、みなさんはどのくらい栄養を気にされていますか?
今日の夕食は脂肪分が多いなとか、今日のランチには食物繊維が不足したなとか、専門家でもなかなかそういった細かい部分までは気にしません。

 

私も、そこまでやっていたら食事がおいしく感じることができないかもしれません(笑)

 

ジュースクレンズやファスティングは、設定する期間の間、食事を控えることになります。
すると体の中で血糖値が通常の食事で変化していたものが、変化しないようになります。

 

その間、デトックス効果によって腎臓や肝臓ががんばってくれるようになります。
しかし普段から砂糖などの糖分の摂取が多い方は、始める前の状態ですでに腎臓や肝臓が疲れ果てている可能性があるんです。

 

人間のからだはとても考えられており、その環境に適合しようとするんです。
疲れ果てている解毒機関が、がんばって毒素を排出しようとすると、様々な影響がでるんですね。
なので、ジュースクレンズを始める前に、糖分の少ない準備食で徐々に体を慣れさせる必要があるんです。

 

 

実は準備食はこれと決まったものはありません。
基本的にはカロリーが低いものを食べてください。フライや肉料理などは極力避けるようにしましょう。また水分もいつもよりも多く摂取する必要があります。
更にアルコールも摂取しないようにしてください。野菜を極力沢山食べるのも方法です。
準備食なしにジュースクレンズをすることも可能なのですが準備なしですと効果が出るのが遅くなってしまうのです。
ジュースクレンズは食物の消化にかかるエネルギーをお肌の再生や体の不調を回復するのに利用するというものですので前日にたくさん食べてしまいますとジュースクレンズに入ってもまだ消化にエネルギーを取られてしまいます。

 

最近では、準備食や回復食に最適だと言われているスープクレンズに注目が集まっており、雑誌やスープクレンズの専門店まで出展されたりしています。

 

通販でジュースクレンズ用のジュースを買うことができますがその前に準備をしておいてください。
通販でジュースを買おうと思ったその日から準備食を始めるといいでしょう。