アボカドのジュースをスロージューサーで作ってみよう

MENU

アボカドの効果が評判のコールドプレスジュース

野菜不足の現代に、野菜やフルーツを無理なくとる方法として人気のスロージューサーでジュースを作る方法が注目されています。ダイエット目的での一時的なブームに終わらず、定番として定着し、幅広い年代の方が美容や健康、ダイエットなど、それぞれの目的で飲まれ続けています。

 

最初はミキサーなどで作られていましたが、最近はこのマシンも進化してきました。栄養価の高い種や皮などもそのまま砕いて飲むことが出来るスロージューサーが人気の中心です。

 

野菜ジュースをとる目的の1つは、酵素をとることです。ただ、酵素は熱に弱く、火にかけると壊れてしまいます。ですので、市販のジュースでは酵素を摂ることができないんですね。自分で作ることで、酵素を体に取り入れることができるジュースを作ることができます。

 

さて、スロージューサーでスムージーやジュースを作る時に、とても美味しくて栄養価も高く、またお腹が膨れるので置換えダイエットにもいい、と3拍子そろったフルーツがあります。それがアボカドです。

 

アボカドは、美容の女王様、とも言われ、栄養価の高さはフルーツでも1番と言われるフルーツです。ビタミンやマグネシウムなどのミネラル、アミノ酸、をバランスよく含んでいます。
また、通常、なかなかとりづらい美容成分や抗酸化作用のある栄養、コエンザイムQ10やルテインなどもこの1個からとることができます。美容目的でスロージューサーで作るジュースに、とてもおすすめの食材です。

 

ただ、その分カロリーが高いと気にされる方も多いのではないでしょうか?それは、アボカドの脂質が高いので食べると太ると言われることがあります。
アボカドに含まれる脂質は、動脈硬化や悪玉コレステロールを減らす効果があると言われるオレイン酸、リノール酸といった油です。
ですが、食物繊維には油を吸収する役割もあります。実は、アボカド自体に食物繊維が1個で7gという驚くような量が入っています。
食べ過ぎには気をつけたいところですが、スロージューサーでジュースにして飲む分くらいでしたら気にせず大丈夫です。

 

また、アボカドだけでは水分が少ないので、一緒に水分を多く含んだリンゴやキウイ、オレンジなどのフルーツやヨーグルトを一緒に作ることがおすすめです。
また、あえてまろやかなシェイク風に作りたいのでしたら、バナナとの組合せもとても美味しいです。その場合は、小松菜やほうれん草などグリーンの野菜を入れても美味しく飲めますよ。