ジュースクレンズ終了後の回復食

MENU

回復食がジュースクレンズの重要なポイントになる!

ジュースクレンズは、ただコールドプレスジュースだけで過ごしただけでは、なかなか成果は得ることができません。
ダイエットにしても、便秘の解消にしても、美肌効果にしてもそれらの効果をしっかりと得るためには、前後の準備食と回復食が重要なポイントになります。

 

このページでは回復食について確認していきたいと思います。
ジュースクレンズが終わってから、断食が解除されたと安心して食欲のままに大食いをしてしまったら、ダイエット成功ではなく失敗やリバウンドにつながってしまいます。

 

まずは回復食とはなんなのかわからない方もおられるかもしれませんので、回復食がどういったものかを見ていきましょう。

 

回復食とは

ジュースクレンズを始め断食系のダイエット方法は、急激な変化を体が感じると、ストレスに感じたり、胃腸がびっくりしたりするので、
いきなりの変化はなるべく避けるようにしたほうがいいとされています。

 

いきなりの変化に体はついていけないために、断食を始める前に消化のいい食事にして徐々に変化に身体を慣らしていく準備食。
断食が終了した後に、急に食生活を戻さず、やはり消化のいいものを中心とする回復食。
これらがジュースクレンズにおいてもとても重要になるんです。

 

では回復食はどのくらいの期間継続すればいいのでしょうか。
それはジュースクレンズをする期間と同じだけの時間が理想的だと言われています。

 

これはジュースクレンズを1日、つまり1dayクレンズを行った場合、回復食も1日の間行ってから食生活を元に戻すという事です。
回復食というのは、ジュースクレンズにおいてはリバウンド防止やデトックス効果を体感するためだけではなく、胃腸の負担を軽減するためには必要なことなんです。

 

食事を一定期間取らないことで、栄養を吸収したいという体の意思がある状態にあるので、いきなり食生活を元に戻すと脂肪なども溜め込みやすくなってしまいます。

 

ただし、回復食をジュースクレンズを行った期間行うことが難しい場合もあると思います。
そういったときは少なくとも回復食の期間を1日は確保するようにしてください。

 

回復食にはどういったものがいいの?

回復食は消化にいいもの。
一言で言ってもいったいどういった食事内容がいいのかというのはわからなかったりしますよね。
どういったものが回復食に適しているのかを見ていきましょう。

 

回復食とは通常の食事に戻す前に、なるべく消化器官に負担のかからないもので徐々に通常の食生活に戻すことが目的となります。
そういった意味において、まずは胃腸の働きが少なくて済む、スープやみそ汁、おかゆなどからはじめていきます。

 

コールドプレスジュース専門店でもジュースクレンズを行った後におすすめなのは、クレンジングスープという液体状のものをおすすめされているところがあるくらいです。

 

ジュースクレンズ期間が終了した後は、味覚も敏感になっているので、塩加減にも気を付けていただきたいんです。
身体のためにも減塩したほうがいいので、スープなども薄味のほうがおすすめです。

 

薄味だと物足りないような気になるのではと思うかもしれませんが、ジュースクレンズが終わった後だと少しのうまみの違いにも気が付くという声も多く聞かれるんですよ。

 

ジュースクレンズのプログラムが終了した後の回復食におすすめなのが、私の今までの経験でいえば

 

玄米ミルクスムージー

 

このスムージーはただのスムージーではなく、玄米というものに注目して様々な栄養価が加えられていて、免疫力が高まる玄米の効果にも注目されているので
回復食や準備食には最適なんですね。