断食ダイエットの準備食としておかゆがよい理由

MENU

おかゆは準備食に最適?

雑誌やブログでさまざまなダイエットの方法が紹介される中で、
近年注目を集めているのがファスティングダイエットという方法です。

 

多くのアスリートや有名人がこの方法を取り入れることによって、
体型や美容の維持を行っていることから、健康的に痩せることのできる効果的な方法として知られています。

 

ファスティングとは、断食を意味します。その名の通り、一定の期間に固形物を摂取することを避け、水や酵素ドリンクのみで生活するというものです。実際に断食をおこなう期間は3日から6日間がよいとされており、その期間中に食事を避けて体のなかの消化器官を一度空っぽにしてしまうことで、体内環境を整えることができます。
断食を行うと、普段の食事を消化するために活動していた消化器官が使われなくなるため、活動の休息に入ります。消化のために使われていたエネルギーは、傷んだ細胞の修復や代謝のために使われ始めます。この過程で汚れていた肺や大腸が新鮮さを取り戻し、免疫力が高まります。
また、蓄積されていた体脂肪はエネルギーとして消費されていきます。さらに、五感が鋭くなったり頭がすっきりと冴えてくるといった効果も得られます。
このようなファスティングダイエットは、正しい手順を踏んで行う必要があります。いきなり食事を断ってしまうと、めまいや頭痛など体調を崩してしまう恐れがあります。そのため、断食期間に入るために、2日から5日程度の準備期間を設け、徐々に食事の量を減らしていきます。
準備食として良いと言われているのが、和食中心の消化の良い食べ物です。豆やわかめなどを含む野菜とおかゆといった胃に優しい食べ物を食べ、体を慣らしていきましょう。普段からファーストフードなどの食品添加物の多い食事を摂っている人は、この期間に消化の良い食べ物を食べることによって、断食に入っている間に体内に蓄積された化学物質や金属類を解毒することができます。
おかゆは米と水分のみで作られた、柔らかく消化されやすい状態のものを食べましょう。この期間に油分や糖分の多いものをしっかりと避けることも重要です。断食を始める前に油分や糖分を多く摂取してしまうと、食事を断っている間のエネルギーとして準備食で摂取した油分や糖分が先にエネルギーとして使われてしまい、もともと蓄積されていた体脂肪の消費に繋がらなくなってしまいます。
このように、ファスティングダイエットを行う際は、体の仕組みをよく理解して計画的に行うようにしましょう。
最近の話題のジュースクレンズにも同じことが言えるので参考にしてみてください。