準備食や回復食はどんなものがいいの?

デトックスやダイエット、美肌効果など様々なメリットで注目されているジュースクレンズ。
このジュースクレンズの成功の「鍵」は、事前の準備食と、終了後の回復食にあるといわれています。

 

ジュースクレンズに興味があれば準備食や回復食という言葉を聞いたことがあると思いますが
中には知らない方もおられるでしょうから、このページでは準備食と回復食というのがどういったもので、
どんな食事が準備食や回復食に向いているのかを特集していこうと思います。

 

View this post on Instagram

久しぶりのごはん?シアワセ?? #ファスティング終了 あ?、すっきり♪出し切った?(о´∀`о) #回復食が大事 らしい…からね☆ インドで#パンチャカルマ (アーユルヴェーダの浄化療法)受けたときは、速攻でバターチキン食べて、胃痛起こして、先生に怒られたっけな笑 (※ファスティングにも体質によって向き不向きがあるので、はじめてのときは、ファスティングプログラム的なものに参加するのがいいかも。私もそうしたよ。ちなみにヴァータ(風)体質の私は、3日以上は絶対にやらないです。)

megumi yamaguchiさん(@megyamaguchi)がシェアした投稿 -

 

準備食ってなに?

準備食というのは、ファスティングや酵素ダイエット、ジュースクレンズなどの断食系のダイエットを行う際の
事前の食事のことを言います。

 

ファスティングや酵素ダイエット、ジュースクレンズというのはダイエットとしても効果を感じやすく
体のたまっている老廃物をリセットするためにも口コミで拡散するほど人気のプログラムなのですが
急に断食を始めてしまうと、体がびっくりしてしまい、気持ちががんばるぞと決意をしていても
体が食事を求めてしまうというダイエットの失敗の道を広げてしまいます。

 

そうならないように事前に少しずつ断食を始めるんだよと体に教える必要があるんです。
そのため消化のいい食生活を断食期間と同じだけの期日摂取するのが準備食といわれています。

 

回復食ってなに?

準備食が事前の食事ということは、回復食というのは断食系のダイエット期間が
終了後の食事を回復食といいます。

 

準備食は前もって体に断食を始めるよとサインを送るための食事なのですが、
反対に回復食は断食状態から通常の食生活に戻るためのサインを与えてあげる食生活を言います。

 

一般的に回復食といえばおかゆと言われているのですがお粥は短水化物なので血糖値を上げやすく須藤を溜め込みやすい特徴があります。
つまりおかゆだけということではなく うまく自分の体調を見ながら 野菜や果物といったものも 組み合わせて消化に優しいものという目線で回復職を極めていきましょう。
同時に今まで断食状態にあったためお腹が減っている状態でついついドカ食いをするような ことはしないようにしましょう。
またなるべくよく噛んで食べるという当たり前のことをより意識することが必要になります。消化に優しいものという条件を考えた時に素材だけではなくその素材をしっかり噛んで消化しやすい状況に持っていくということも大事なポイントの一つになります。
では回復食にどのようなものが選ばれているのか一般的な目線で見ていきましょう。 お粥屋蕎麦そしてそうめん また納豆などの豆類そして漬物 野菜や海藻類などといったものが回復食に選ばれる傾向があります。

 

ジュースクレンズにおいては、準備食と回復食を取り入れることが胃腸への驚きを緩和するだけではなく
ダイエットやデトックスプログラムの成功のコツでもあるのでぜひ取り入れるようにしていきましょうね。

ページの先頭へ戻る