シュガーデトックス

MENU

体を糖化から守るシュガーデトックス

砂糖は美容の大敵、ダイエットの大敵。
このように多くの方が糖類というのは、取りすぎると体によくないということはわかっているんですよね。

 

糖分の過剰摂取は、体が糖化しやすくなって老化を加速させてしまいます。
ここ最近で徐々に浸透してきた言葉としてもシュガーデトックスというものを聞いたことがありませんか?

 

このように糖質を摂りすぎると、お肌の老化や太りやすい状況から回避するために、お砂糖を減らしていくことになる
シュガーデトックス。
かっこいい名前の響きですが、とても合理的でダイエットにも美容にも注目されているんですよ。

 

  • ついついバッグの中に常におやつを常備している
  • 朝食を菓子パンや甘いコーヒーで済ましてしまう
  • お酒を毎日飲んでいる
  • ファーストフードやジャンクフードをよく食べる

こういった状態にある方は、ぜひ注意が必要になります。

 

普段の食事の中には糖質が結構含まれており、そういった環境にいると自分で老化を早めてしまっていることに気が付かなかったりもするんです。

 

まず体が糖化するという言葉を聞いたことがない方のために糖化について説明しておきます。

 

糖化とは

いまや世の中には素敵なスイーツがたくさんあり、流行のスイーツ店もどんどんでていますよね。
私自身もスイーツ大好きだし、友人からあそこのスイーツおいしかったよとか聞くとkならずいってみたくなります。

 

しかしながら先ほども少し説明したように、砂糖の摂りすぎというものは、糖化という現象を引き起こしやすくなっていくんです。
その糖化の減少の中のひとつに太るとか、肌が荒れるとかがあるんですね。
糖化というのは、食事などで摂取した砂糖が体の中にあるたんぱく質と結びつき、劣化たんぱく質となり、お肌や血管を老化させてしまうんです。

 

では、糖化というのはどういったことなのか見ていきましょう。

 

砂糖を摂りすぎるとなにが悪いのか

砂糖を摂りすぎると、体の中でグローミューという血液の循環を効率的に行う働きのある物質を破壊するんです。

 

少し難しいイメージがあると思いますが、つまり砂糖を摂取しすぎると血液がうまく循環しなくなって、冷え性を加速させたり、栄養を届けることがうまくいかなかったり、
様々な影響がでてしまうんです。

 

糖化によってどんな作用が現れるの?

糖化が引き起こすことは、先ほども軽く説明したように、冷え性の加速、体の中の老廃物の排出を滞らせてしまう、肌のコラーゲンの弾力を低下させてしわやたるみの原因になってしまうなど、女性にとってはとても避けたい状態がたくさんあるんです。

 

シュガーデトックスのやり方

シュガーデトックスはやろうと思えば誰にもできるのですが、急にやることはダメなんです。
人間の体は急激な変化をよくは思わないので、シュガーデトックスは、徐々に毎日の食生活の中から砂糖を減らしていくことが重要になります。
はじめは、おやつを少なくして、小腹が減った時は果物を食べるように意識してみてください。
果物も糖質はあるのですが、フルーツの糖質というのは果糖と言って自然の甘さなので、甘味料などよりも体にはいいんですよ。

 

中には果物の種類などにも気にしてくださいという方もおられますが、やりすぎると継続できません。
お酒やファーストフードにも糖質は意外に多く入っているので、そういった食生活も見直していくと
体の糖化も防げるので、一気にやらずに毎日の生活の中で出来る範囲でやってみてください♪

 

シュガーデトックスの効果

シュガーデトックスの効果はどういったものがあるのか確認していきましょう。

 

  • アンチエイジング効果
  • 血液循環能力アップ
  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 体が疲れやすいなどの回避

このような効果がシュガーデトックスでは上げることが期待できます。

 

それほど体の糖化というのはメリットが多く、知らずに数年後になってあのときこうしておけばなんてことにならないようにしていきたいですよね。

 

また、人間のからだは甘いものが欲しくなる時に、実はのどの渇きと間違えて感じる場合もあるんです。
甘いものが欲しくなってきたかもと思ったら、糖分の入っていない飲み物を飲んでみてください。
案外収まるかもしれませんよ。

 

 

ここで砂糖を制限することのメリットをまとめていきましたが、砂糖の糖分というのは様々な料理に含まれています。
実際に砂糖自体が入っていないだろうと思っているようなものでも、糖分が多い食品もたくさんあり、たとえばジャンクフードなどは糖分が通常の食事より
多く含まれているんです。

 

ジャンクフードは体に悪いという論調があるのですが、詳しい説明としてはこういったところにあり、だから太ってしまったり、肌荒れにつながっていたりするんですね。