スロージューサー比較

MENU

人気スロージューサーを比べてみよう

ジュースクレンズでポイントになるコールドプレスジュースを作るための専用ミキサー、スロージューサーは日本だけではなく、
世界中に広く販売されており、現在では家電量販店でも販売されるようになってきました。

 

そのくらいジュースクレンズを注目されている方は多く、通販でコールドプレスジュースを手に入れる方も多いのですが、
それとは別に自分で好みのレシピで手作りコールドプレスジュースを家庭で作りたいという方もどんどん増えてきました。

 

そこでこのページでは、そういった方のために、スロージューサーはどういったポイントで選べばいいのか、
具体的に人気スロージューサーを比較して特徴もまとめてみました。

 

どのスロージューサーがあなたに適しているのかを一緒に見ていきましょう。

人気スロージューサー

海外から人気が出て、その後日本でも注目されているジュースクレンズは、専用ミキサーも世界中のメーカーが作っていたりもします。
スロージューサーは、実はジュースクレンズが流行する以前から販売されており、日本でも家電量販店の店頭でも販売されるようになっています。
ただし、ジュースクレンズに適しているスロージューサーなのかというのは、また正しい選び方で見る必要があります。

 

そこで、ここではジュースクレンズに適した人気スロージューサーはどういったものがあるのかを見ていきます。

 

ヒューロムスロージューサーH2H

スロージューサー比較

スロージューサーに求められるものとして最大のポイントとしては、酵素やミネラルビタミンなど多くの栄養素を壊さないように
低速圧搾でしっかりと素材を絞れるのかです。
ヒューロムは世界中で販売実績があり、現在は世界第1位のスロージューサーと言っても過言ではないでしょう。
世界中で表彰されたり、メディアに取り上げられているので、やはりほかのメーカーと比較してもナンバーワンといえるでしょうね。
その世界レベルの商品を日本の代理店がしっかりサポートしてくれるから、メンテナンスやトラブルの時も安心。
さらに特典まであるのは、うれしい限りです。
36,000円税抜

 

スロージューサー

 

クビンスホールスロージューサー

スロージューサー比較

クビンスホールスロージューサーは、通常のミキサーやジューサーで使用されている刃(ブレード)を使っていません。
国際発明展示会で金賞を受賞する、特許を取得している特殊な製法でコールドプレスジュースを作る、ジュースクレンズ専用ジューサーなんです。
特徴のひとつに動作音が静かというのと、お手入れが刃がないので安心で簡単というのが最大の特徴です。
動作音が大きいと、せっかく健康にも美容にもいいジュースを作るタイミングや、赤ちゃんなど気にしながら作らなくてはならないため
こういったところも選ぶ際には見ておきたいポイントの一つです。
税込 39,800円

 

スロージューサー

 

シャープヘルシオジュースプレッソ

スロージューサー比較

家電量販店で圧倒的人気の日本メーカーのシャープが作っているスロージューサーというのが最大の特徴ともいえます。
他の2つと比べると、絞れる量が少ないのと、容量も少ないので、単品の野菜や果物を絞るのは適しているのですが、
数種類の野菜や果物を使う場合は、少し劣るかもしれませんね。

 

オープン価格(おおよそ2.5〜3万円台)

 

スロージューサー

 

現在は家電量販店などにもコールドプレスジュースを作ることができるスロージューサーは販売されるようになってきたのですが、
やはり実力のある人気機種は使い勝手も、アフターケアも抜群に違いがあるんですね。

 

私自身は最初はジュースクレンズができるということでクビンスのホールスロージューサーを購入したのですが、
最近では子供たちが毎朝と学校帰りのジュースに自分で作る楽しみを感じたらしく飲むようになりました。

 

ジュースクレンズにダイエットを求める方も多いようですが、ジューサーが手元にあると健康の為や、仕事が忙しい旦那様の疲れをためないような効果もあるので
とてもおすすめなんです。

 

疲労感がたまっている方や、便秘が悩みの女性、ダイエットを失敗したり、リバウンドを繰り返しているような方には
注目のマシンでもあるんですね。

 

選ぶポイントとしては、

  • どのくらいの量が同じ食材から搾り取れるのか
  • 音量が静かなものはどれなのか
  • どんな使い方をしたいのか
  • キッチンに置くためのマッチしたデザイン
  • 洗いやすいかどうか
  • 保存するのに適しているか

 

といったところがポイントになるのではないでしょうか。
それらを比較して、さらに安いとか、カラーがかわいいなどといったところも見ていくといいかもしれませんね。