ジュースクレンズと炭水化物の摂り方

MENU

ジュースクレンズを始める前は炭水化物を控えるように!

通販のジュースクレンズはいわゆる断食健康法であり、ダイエット、デトックスなどの様々な効果を期待できます。
身体に負担をかけずにジュースクレンズ健康法を実践する場合、炭水化物の摂り方に注意する必要があります。
高カロリーのメニューを摂った翌日から通販のジュースクレンズを飲むという方もいますが、身体は準備をできていない状態となっています。
暴飲暴食を続けた直後に断食をすると、身体に危機感を与えてしまうのです。

 

通常ジュースクレンズを行う場合、準備と終わった後の回復食と、この前後の部分も大事な行いなんですね。
ジュースクレンズを飲み始める1週間前くらいから、食事の量を軽めにしておくのが好ましいでしょう。
炭水化物を摂取するときは、なるべく消化のよいものを選びたいものです。
歯ごたえがあり食物繊維の多いものは健康によいですが、ジュースクレンズ健康法を始める前のメニューとしては不向きです。
おかゆ、うどんなど、消化のよい炭水化物を中心に摂取するのが好ましいです。

 

終わった後の回復食におかゆなどの消化に負担にならないような食事や飲み物を気にするのと同じように
ジュースクレンズを始める前にも、負担にならないような食事を徐々にしていかなければ、胃腸が急激な変化にびっくりしてしまいます。

 

これはダイエットにも言えることですが、暴飲暴食をしている方が急に断食をすると、リバウンドのリスクが高くなってしまうのです。
段階的に痩せることで、身体に負担をかけずに体重を落とすことができるのです。
ジュースクレンズ健康法を始める前には、少しずつ食事のカロリーを減らしていく対策が必要です。

 

普段の食事にフレッシュな野菜と果物のジュースを3日から5日の短期間飲み続ける事で
5キロから7キロは減量が可能と言われているクレンズジュースですが、
リバウンドの危険性が大きい事も頭に入れてクレンズジュースダイエットをしなければ
一時的なものになってしまいます。恐ろしい事にダイエットでの食事制限は
リバウンドの確率が高く、さらに痩せにくい体へとなっていきます。

 

リバウンドを防ぐために

しかしクレンズジュースダイエットは腸内洗浄のデトックスという面で見ればメリットもあり、
身体に良いとはしていますが、大量の水分を排出するのでこまめな水分摂取を行わなければならず、
長期間続ける事は生命を脅かす危険性もあります。

 

上手く、クレンズジュースダイエットを行ってリバウンドしないような対処法と言えば、
ダイエットの前後は通常の食事にはすぐに戻さないという事です。

 

そのため、始める前後で準備食と回復食をしっかりととるようにしましょうといわれている理由はそこなんですよ。

 

いきなり前日まで通常の食生活を送っていた人が急にジュースのみだと
身体が空腹に慣れるまで時間がかかります。

 

また、ダイエット終了後も胃に負担をかけないように
しばらくは一食をクレンズジュースにしてみる、おかゆや野菜中心の生活をしばらく続けてみると良いでしょう。
さらにクレンズジュースダイエットのリバウンドの対処法としてはあくまで食事制限だけではリバウンドの危険性は高い運動もダイエット終了後に取り入れていく事が大切です。