スロージューサーを活用しながら作るトマト料理

MENU

トマトでコールドプレスジュース

旬の美味しいトマトを大量に入手したときには、スロージューサーを使って様々な料理を作れば、豊富な栄養を摂取できます。日本では夏が旬になる食材ですが、促成栽培の進歩のおかげで、冬場であっても完熟したものを入手することができます。一年を通して利用すれば、栄養の枯渇を防ぎながら、料理の腕も磨くことができます。実際に利用する場合には、最初の調理の段階を経て、何度も工夫を繰り返せば風味も徐々に洗練していきます。

 

春の季節には、旬のタケノコと菜の花も用意して、パスタ料理を作ることがおすすめです。トマトは最初にはスロージューサーでペースト状にしますが、最初の段階で皮を向いてしまっては台無しになります。皮の部分には水溶性食物繊維のペクチンが含まれ、スープやジャムを作る場合には、とろみの素になることが知られています。スロージューサーの機種の中でも、調理後のペクチンの残存量が多いものは特に優れています。これらの素材は、フライパンで炒めるようにして、最後にソースを加えれば完成します。

 

夏の季節には、酸味を十分に引き出すために、トマトの冷製スープを作ることもできます。冷製にすることで、酵素やビタミンCの熱破壊を防いで、体に優しい状態で仕上げることができます。体を冷やす作用を軽減させるために、アクセントの素材としてバジルと玉ねぎを細かくして加えれば、本格的な品質になります。味付けは塩を中心にして、隠し味としてレモン汁などを加えれば、酸味がさらに際立ちます。暑い時期に食べるようにすれば、クエン酸やビタミンCのおかげで、夏バテも解消しやすくなります。

 

スロージューサーを使えば、トマトを使ったピザソースを作ることも容易で、いつでも対応できるのが利点です。実際に作る場合には、低速回転の影響で素材の持ち味が活かされ、ソースにしたときには栄養も十分に残ります。ソースにするためには煮詰める必要がありますが、ペクチンが残るおかげで、とろみを十分に付けることができます。このソースはピザ用として使うだけでなく、オムライスの味付け用として使うことも可能ですから、実際に試せば料理の幅も広がります。

 

寒い時期には、スロージューサーを上手に使って、トマト風味の鍋料理を作ることもおすすめです。鍋料理の材料として使う場合でも、豊かな旨味成分が残され、魚介や肉類の美味しさを引き出します。鍋料理にしてもトマトの香りが残っているのは、スロージューサーの繊細な技術のおかげでもあります。