豆乳をちょい足ししたら栄養価アップ?

クレンズジュースは、食事を栄養豊富な生搾りジュースに置き換えデトックスするという方法です。

 

加熱しない生のジュースを飲むことにより、果物に含まれる栄養素や酵素をそのまま摂れるというメリットがあります。
クレンズジュースは市販の酵素ジュースと違い、発酵させる過程がないため味の点でも満足度が高いのがポイントです。

 

スムージーとは違いさらさらとしている食感で小さなお子様でも苦手な野菜などの不足する栄養補給や、
年配の方にも苦手意識なく飲むことができるジュースを飲むことができるんですね。

 

またゆっくりと絞り出してジュースを作るので、空気が一緒に入りにくく、ジュース自体も酸化してしまうという事も少なく済みます。

 

クレンズジュースは野菜や果物中心で作るため、豆乳との相性もとてもいい飲み物です。豆乳をちょい足しする事によって味もまろやかになり、飲みやすさや栄養素をさらに上げることができます。さらに豆乳を加える事によって野菜や果物だけでは足りない栄養素を補うこともでき、ダイエット中に陥りがちな栄養の偏りとったリスクを回避することもできます。
クレンズジュースに豆乳をちょい足しするだけで、一日に必要な栄養素の大きな部分を補うことができます。そしてジュースだけでは物足りなさや腹持ちの悪さを感じる人には満足感をプラスしてくれるため、飢餓感を感じてつい他のものを口にしてしまう失敗も減らせます。ほとんどの野菜や果物は豆乳と混ぜても味が落ちるということもないうえ、ダイエットに大敵な糖質をとらなくてすむ良さもあり、クレンズジュースにちょい足しする食材としてこれほどいいものはないでしょう。

 

また、そういったコールドプレスジュースを作るためのスロージューサーは、豆乳自体を作ることも可能なんです。

 

ここで豆乳の効果をみていきましょう。

 

豆乳の効果

豆乳は大豆を水で柔らかくして擦って、水で煮てそれを濾過させたものをいいます。
さらに成分無調整や、調整ものなどは加熱殺菌処理がされているかどうかで変わってくるのですが、
昔から日本では栄養価の高いものと言われていますよね。

 

豆乳には大豆由来の素晴らしい効果がたくさんあるんです。

  • 植物性のたんぱく質がダイエット効果を期待できる
  • 余分な糖質の摂取を抑えてくれる
  • 腸内環境が整えられる
  • 大豆イソフラボンが豊富で女性の悩みに効果発揮
  • 更年期障害の軽減
  • 生理痛や生理不順の緩和
  • 冷え性や便秘の解消

 

このようにまとめてみるとすごい効果がたくさんあると思いませんか?
もちろんこれらの効果は少し飲んだだけでは変化がありません。

 

飲み続けていけば効果が期待できるとされているものです。

 

クレンズジュースの材料としても注目されるのにはこのような効果があるためなんですね。

ページの先頭へ戻る